草部研究室
-Kusakabe Laboratory-

Home>Research

研究テーマ -Research subjects in Kusakabe laboratory-

物質中で電子系が示す量子的相関運動の精密計算手法を、量子統計力学と密度汎関数理論を拡張して開発し、 磁気・超伝導などの多体現象を解明しています。 ゲージ自由度の変動も用いたシミュレーションを実施して、 荷電・スピンの秩序形成を判定します。 そして、ナノ炭素系やナノ粒子形成触媒など新規物質系の特性解明と予測までを行います。 量子力学的効果による物質機能を発現する未来型物質の創成を目指します。

研究紹介資料 -Introduction of research subjects-

研究課題 -Documents relating to research subjects-